スピーチ用テンプレート

今回は、二次試験スピーチ用のテンプレートを紹介します。

二次試験の流れ

試験の流れはこちらからどうぞ。

英検1級面接の問題と流れ・合格のコツ・使えるフレーズ

旺文社リスニングアプリ英語の友より https://eigonotomo.com/eiken/1kyuu_sp

まとめると、雑談→トピックカードを渡される→考える時間(1分)→スピーチ(2分)→Q&A(4分)です。

スピーチ用テンプレ

スピーチ用のテンプレを紹介します。考え方は英作文をベースにしているので、こちらを先にご参照ください。

このままだと時間をOverするので、英作文のテンプレを簡略化します。

「Should compulsory retirement be abolished?」

*以下、太字がテンプレートになります。()は代替表現になります。

<序論パラグラフ:一般論→自分の結論>

Nowadays, most countries have compulsory retirement system. I believe that (In my opinion) we should abolish the system for the following reasons.(There are two reasons.)

<理由①パラグラフ:理由→具体例>
Firstly, many elderly people have the ability to work and contribute to the economy even after they reach their sixties. For example (To illustrate), most of the executives in my current company are over sixty years old and they manage to run the company very well.

<理由②パラグラフ:同上> 
Secondly, elderly people can have positive impacts on younger generations. For instance, younger employees can learn how to work effectively by seeing the elderly with a lot of experience.

<結論パラグラフ:再度結論→2つの理由の要約>

In conclusion (In summary), we should abolish compulsory retirement as soon as possible. The elderly people can contribute to the organizations they belong to and can educate younger people how to work well by showing their skills and knowledge.

先ほどの英作文テンプレートと見比べて頂きたいのですが、理由は3つ→2つに、さらには理由パラグラフでのまとめは削っています(英作文だと、理由→具体例→まとめ)。

練習方法

まずはエクセルで質問リストを作成し、自分なりの回答を箇条書きで埋めていきましょう。あとは練習しながらリストを修正していけば、本番は全く問題ないはずです。

準備ができたら、オンライン英会話の先生と対面し、自分でトピックを選んでチャットにコピペ→1分測ってもらって考える→2分スピーチ→質疑応答練習→フィードバック

これを1問5−10分で行い、25分レッスンだったら3−4問できます(慣れてきたら1分のシンキングタイムはカット。そうすればもっと問題数をこなせる)。

99問だったら1日1レッスン30日で1周、1日2レッスンで2周できます。正直99問もストックはいらないので、自分の話しやすいトピックを30〜50問ピックアップすれば、数倍の回数を回せます。

私の感覚だと、3周すれば本番は余裕で対応できます。質疑応答も同じ回数練習しているので、問題ないでしょう。特に本番は5つのトピックから自分の一番自信のあるものを選べるのでありがたいです。

おわりに

テンプレや質問リスト作成などの準備時間は極力省いていただき、練習に時間を割くことが重要です。

次の記事:スピーチ用トピック99問

ホームへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました